01
:
6
7
12
14
17
18
20
21
23
24
26
27
30
31
   

仲良しじゃなかった(´・_・`)

ポンちゃん、今日は自分で三階から玄関まで降りてきたり、おおよそ20日ぶりに台所まで自分でおやつをもらいに来たり、少しずつ元のポンちゃんに戻りつつあります。
 
で、原因は何なのか?
 
気になっていたら、姉がワンとお話しできる人のところに行こうと。早速、5年くらい前に一度だけポンちゃんとお話ししてくれた方のところに行くことにしました。
すると、久しぶりなのに駐車場にクルマを停めたら、元のポンちゃんに戻って大興奮。診察室に入ると先生を見て大はしゃぎ。ビックリです。
でも、先生に話した内容は私にとってショッキングなことでした。
 
最初は、ここはいいね! ボク、今すごく開放感でいっぱい! ね~、なんかちょうだい(^O^)
てな感じで話出し、メイちゃんについて尋ねると「メイは遊べないんだ。それに、怖いんだ。だって、わざとかどうかはわかんないけど、ぶつかってきたり、だんだん大きくなってママがとられそうだし…。すぐにいなくなると思ったら、ずっといるし。ボクの家にいつまでいるの?いったい、あの子は誰が連れてきたの?」。
ポンちゃんにとっては体のサイズの問題ではなく、メイちゃんがすごく大きく見えているらしく、相当な脅威となっているとのこと。しかも、お話ししている最中も叫び出し「今、メイがなんか言ってきた」って怯えたりもする。
先生が「じゃあ、メイちゃんにボクのほうがお兄さんなんだから、そんなことしないでって言えないの?」と聞くと「言おうとしたけど、うまく言えないんだ。で、ずっと色々考えてたらだんだん調子が悪くなって食欲も無くなっちゃった」って。
 
確かに神戸でも一人でずっーと考え事してるみたいな素振りをしていたし、全て合点がいく。
で、お願いしていた60分のセッションが終わりということでタイマーの音が鳴ったら、それまで縦横無尽に部屋の中をルンルン歩いていたポンちゃんが先生の後ろでフセをして「この音が鳴ったら帰らなきゃいけないんでしょ?前もこの音が鳴ったら帰ったもん。ボク帰りたくない」と言ってフセをしました。
 
そして帰り道の様子。また何か考え事しています。
 
 

 
残念ながら、私にはポンちゃんの言っていることがわからないので、それ以来、事あるごとに「ポンちゃんが色々悩んでるのにわかってあげられなくてごめんね。ここはポンちゃんの家だから安心して堂々としてていいんだよ。メイちゃんは捨てられてた子で今はこのおうちに一緒に住んでるの。やなことがあったらはっきり言っていいんだよ」と言ってみてます。
 どうやら私の言うことはわかるらしいので。
 
あと、「どっか痛いとか体の調子が悪いのかと思って色々調べたんだよ」と伝えてもらったら、「そんなこと調べないとわかんないの?」ってポンちゃんに一喝されました。
 
このあとどうなるのか?
 
犬と話せる人がいるということ自体を受け入れない人にはナンセンスな内容かもしれないけど、私にとっては全て受け入れられる内容でした。

ご訪問いただきありがとうございます!

ダルメシアンとスタンプーという異色のコンビ。しかもある程度の年齢になってからの同居スタートですが、いつかは一緒に遊べるようになるといいな(^.^)という願いを込めて二頭の日々を綴っていきます。 今のところ二頭は平行線…。けんかはないけど遊ぶということもなし。こんな二頭をどうぞよろしくお願い致します。

プロフィール

ポンメリ

Author:ポンメリ
ポン★本名ポンゴ。オス。
2月に10歳になったダルメシアン。39日目という超幼齢で我が家に来た半保護犬出身。人を見ればすぐにお腹を出してくねくねするくせに、大きな犬は大の苦手。なので歳をとった最近はワンコラ改め見て見ぬふりに作戦変更。

メイ★本名メリー。メス。
年齢不詳、おそらく10歳は超えているはずのスタンダードプードル。LaughWoof(らふわふ)20期卒業生。つまり保護犬出身で、2011年9月3日から我が家にやってきた”おとなしい”ハズだったおてんばさん。

ポンメリにポチッと応援宜しくお願い致します!

FC2Blog Ranking

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR