06
:
1
2
3
5
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

メイちゃんが来てビックリだった事 1

スタンプー飼い(トイプーもかな?)だったら「そうよね」と普通に感じられるのでしょうか…。 これまで実家で飼っていた犬はジャーマンシェパードとダルメシアン。そして自分で飼い始めたのがダルメシアンだと免疫がなさすぎたのです。それでは、メイちゃんが来てビックリした事をいくつか…。    ①犬の美容整形 犬の美容整形として①断尾②断耳③声帯切除④狼爪切除⑤犬歯切除というものがあります。 ①②④は血統書付きでJKCの定める各犬種のスタンダードにするために行われています。ダルメシアンも④は行ってもいいとあるらしいですが、そんな規定があるという事も知りませんでした。なのでポンちゃんは何もしていません。ていうか、するつもりもありません! ところがメイちゃんは5つのうち3つもしてありました。断尾、狼爪切除、そして声帯切除です。 なので、吠えてもヒャンヒャンという音しか出ません。しかし、意外と大きな音は出ます。   なんか、色々されたような気がしますのー。 なんか痛い事いっぱいされてて、想像しただけでも辛くなりました。   ②激しいお散歩(~_~;) お試しでうちにいた間はしゃなりしゃなりと歩いてお散歩していました。いやぁ、スタンプーは上品だななんて感心したのはつかの間。うちの子になった途端にお散歩の最初の100メートル位はずっと跳ねるという事が判明(~_~;)   しかも、すごい力持ちでした(°▽°)跳ねないと引っ張る引っ張る(~_~;) 皆さん、「楽しそうね」と声をかけてくださいますが、当時の私は二頭連れてのお散歩にも慣れていなかったので、微笑み返すのが精一杯でした。  ③女の子らしく振る舞う…?  ラフィママさん宅ではマナーのなってない子に強気に出ていた強~い女メイちゃん。ところがポンちゃんの前では違いました。 おやつをもらうためお座りして待っているポンちゃんと私の間に割って入っておやつを横取りする。 お散歩に行く前、リードをつけてもらうためお座りして待っているポンちゃんを興奮してお尻でぶっ飛ばす。シティボーイと田舎娘のような組み合わせです。 さすがにポンちゃんも怒ってガウガウすると、「アタクチ、ガウガウされましたの」としなしなになってヘルプをアピール(~_~;)    最初はポンちゃんに攻撃しちゃダメと言っていたのですが、「ポンちゃんも嫌だよねー。大変だけど我慢してあげてね」というようになってからの方が攻撃しなくなったような気がします。 それに怒っても無理ないレベルのハチャメチャぶりでした。   

仮装じゃありませんの 5

ラフィママさんの提案で二泊三日のプチお試しをした結果、ポンちゃんはメイちゃんと遊ぶことはなかったけど、トラブルもなし。
 
そこで一度ラフィママさんにメイちゃんを戻し、必要な手続きをしてからメイちゃんを迎え入れることになりました。
 
メイちゃんはラフィママさん宅でランに行って土を掘ったりして(口の周りが明らかにそう! )元気いっぱいです。  
  
 
  
 そして6年前の2011年9月3日に、ラフィママさんご夫婦が揃ってメイちゃんを送り届けに来てくださいました。
 

 
 シャンプーもしてもらって真っ白ふわふわ。
とても数ヶ月前に犬種不明でマルガリータにまでなり、手術を乗り越えたようには見えません。
 
うちに着いたらなぜか自分んちのようにソファでくつろぐメイちゃん。
 
ポンちゃんはラフィパパさんの方に興味があるみたいです。
 

 
 
でも、ポンちゃんはまだよくわかりません。
「なんでこの子またここにいるの?」 
 
 

 
おかしな話ですが前にポンちゃん用に買っていたワンピースがピッタリなので着せてみました。
 
実はずっと家に犬はいる環境でしたが、犬に服を着せるのは病気で寒そうだとか(しかも子供服を切って着せてた)高齢になったとかそんな時だったので、犬にワンピースを着せるとどんなのか実際に見てみたく、ポンちゃんにワンピースを密かに着せてみたのでした。私って変態?
 

 
  
ということで、なんだか拍子抜けするくらいスムースにうちの子になってしまったメイちゃんでしたが、来てみてビックリな事がいくつかありました。
 
それは次回、まとめて書きたいと思います!
 
 

仮装じゃありませんの 4

乳腺腫瘍の手術も無事終わり、メイちゃんはラフィママさん宅でたくさんのワンズと暮らし始めました。
 

 
私は里親の希望を申し出たのですが、内心「もう希望者さんが何人か来ているんですよ」と言われるのではないかと思っていました。
 
ところが「いつお見合いに来られますか?」とトントン拍子に話は決まり、ポンちゃんと栃木遠征に。
 

 
ラフィ一家がランで楽しんでいるところにおじゃましました。
 

 
ポンちゃんはなぜここにいるか理解していません。
そして、お見合い。
 
ラフィママさんにも伝えていたのですが、ポンちゃんは自分より大きな犬が嫌いです。
これは子犬の時に大きな犬に二度襲われ、一度は頭をガブッとヤラれてしまったトラウマで、「犬は危ない」と思っているようなのです。
 
なので、1分あればポンちゃんがメイちゃんと一緒に暮らせそうかどうかは判明しますと伝えていたのです。
 

 
すると、意外にもメイちゃんは大きいのですが、吠えることもなかったポンちゃん。
ラフィママさんの提案で、「数日後に東京に来る用事があるからとりあえずお試ししてみては」という提案を受け入れ、メイちゃんを連れて帰ったのでした。
 
 
今思えば、この時のメイちゃんは今に比べてかなりネコをかぶっていたような気がします(^_^;)
 
にしても6年前のメイちゃんは黒目が今より全然黒いし、ポンちゃんは黒い斑点がしっかり黒い。
改めて写真で見ると時の流れを感じます。
 
私自身も若かったんだろうなー😅
 
 

仮装じゃありませんの 3

ラフィママさんのところでの生活をスタートさせたメイちゃんですが、最初はラフィママさんのとこのワンズと保護犬たちとのご対面というのがありました。
 
これは難なく終了。
どうやらメイちゃんは多頭飼いの中で暮らしていたようで、犬付き合いはソツないものだったそうです。
 ある一頭を除いて…。
 
それがこのアニーちゃんです。
 
 

 
私からすると女版ポンちゃんです。
(ポンちゃんの名誉のため、ポンちゃんが嫌いなのは概ね自分より大きい子だけです)
 
人にはデレデレ、でもどの犬ともトラブルを起こす。
それで、ラフィ家はアニーちゃんがリビングに出ている時は全頭ケージという窮屈な生活を強いられていたらしいのです。
 
そんな時、ラフィママさんがひらめきました。
メイちゃんと引き合わせてみようかと…。
 
するとメイちゃんのおしりの匂いをしつこく嗅ぐアニーちゃん。メイちゃんはお尻の匂いをしつこく嗅がれるのは大嫌いです。
 
で…。
 
 
 
すごい顔ですね(°▽°)
 
そして、アニーちゃんに一発みまわしてしまいました。
「毛がついてしまいましたの。あー、ぺっぺっですの」と口から毛を吐き出すメイちゃん(^_^;)
 
 

 
ビックリしたアニーちゃん。
そして、その瞬間からアニーちゃんが変わりました。
 

 
 
お散歩だって、
 
 

 
 
ランだってみんなと仲良くできるようになっちゃったのです。
 
アニーちゃんはメイちゃんの後に無事、お嫁入りしました。
 
こんなメイちゃんならポンちゃんとも仲良くできるかもと思い、私は里親の申し出をラフィママさんにしたのです。
 
 

仮装じゃありませんの 2

メイちゃんがラフィママさんによって行政から引き出されてまずすることはというと…、
 
シャンプー! です。
 
写真では匂いが伝わらないのが幸い。
引き出された際は想像以上の状態です。
しかも、絡まった毛はブラッシングなんて出来るはずもなく…。
 
バリカンの刃、数枚をダメにしつつマルガリータちゃんにされ、シャンプー後は病院にボディチェックに行きます。
 
  

  
全身くまなく診ていただきます。 
 

  
実は引き出す前からラフィママさんは知っていたのですが、メイちゃんには乳腺腫瘍がありました。
このあと少し経って、メイちゃんは切除手術をうけ、腫瘍は病理検査の結果、問題ない事がわかりました。
 
にしても、メイちゃんにとっては波乱万丈の毎日。
 
おそらく初体験となる階段の昇り降りもラフィママさん宅では必須です。
 
ここで、階段の昇り降りの特訓も受けました。
 

 
そして、手術も無事終わりこんな感じで保護宅での賑やかな生活をスタートしていました。
  

   
メイちゃんは最近、身体中にできたイボを54箇所切除したのですが、今思えばイボを作りやすい体質なんだなとわかります。
 
この時は今より痩せているので、ほんとに細長いですねー(^_^;)
 
 

ご訪問いただきありがとうございます!

ダルメシアンとスタンプーという異色のコンビ。しかもある程度の年齢になってからの同居スタートですが、いつかは一緒に遊べるようになるといいな(^.^)という願いを込めて二頭の日々を綴っていきます。 今のところ二頭は平行線…。けんかはないけど遊ぶということもなし。こんな二頭をどうぞよろしくお願い致します。

プロフィール

ポンメリ

Author:ポンメリ
ポン★本名ポンゴ。オス。
2月に11歳になったダルメシアン。39日目という超幼齢で我が家に来た半保護犬出身。人を見ればすぐにお腹を出してくねくねするくせに、大きな犬は大の苦手。なので歳をとった最近はワンコラ改め見て見ぬふりに作戦変更。

メイ★本名メリー。メス。
年齢不詳、おそらく11歳は超えているはずのスタンダードプードル。LaughWoof(らふわふ)20期卒業生。つまり保護犬出身で、2011年9月3日から我が家にやってきた”おとなしい”ハズだったおてんばさん。

ポンメリにポチッと応援宜しくお願い致します!

FC2Blog Ranking

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR